洗濯機買い替え時期・ドラム式とタテ型を比較メリットとデメリット

洗濯機買い替え時期・ドラム式とタテ型を比較メリットとデメリット

洗濯機

こんちには、のんきに本気なジョーです。

このページでは、

 

「洗濯機の買い替え時期」

「ドラム式とタテ型のメリットとデミリット」

 

についてまとめていきます。

買い替え時期

買い替え時期は

  1. 買い替えたいと思った時
  2. 洗濯機が壊れた時
  3. 洗濯機が安くなる時

など色々あると思います。

 

我々は2番の理由です。

日立ドラム式洗濯機を10年ほど使用。

 

ある日、下記のような現象が起きるようになりました。

  • 洗濯後の衣類の匂いが洗剤の良い香りがしなくなった。
  • 水漏れするようになった。
  • 衣類に糸くずがたくさんつくようになった。

 

上記の理由により買い替えを検討・・・

 

洗濯機買い替え前に、念のため洗濯機が修理できるかどうか、下記のことを試しました。

  1. 市販の洗濯槽クリーナー
  2. 洗剤投入口の掃除

結果、水漏れをなおすことはできませんでした。

このような理由から洗濯機を買い替えることにしました。


水漏れの原因は何だったのか?

家電量販店の店員さんに聞いたところ、洗濯機の水漏れの原因はほとんどが、

 

洗剤の入れ過ぎによること

 

だそうです。

洗剤を入れ過ぎることにより、洗剤がつまってしまうようです。

 

そういわれると、毎回洗剤の量は適当でした、洗濯のりなども洗濯機しようしておりました。

おそらく、そのことが原因で洗剤が溶けきらず、洗剤がつまってしまい、水が流れなくなり水漏れの原因になったのだと思います。

ドラム式・タテ型の選び方・比較検討した結果のメリットとデミリット

家電量販店の店員さん、雑誌などで洗濯機のドラム式とタテ型を比較した結果、それぞれのメリットとデメリットが見えてきました。

どこに重点をおくかで、ドラム式にするかタテ型にするかを選ぶことが重要です。

 

ドラム式のメリット

  • 乾燥機能が優れている
  • 水道代が抑えられる

 

ドラム式のデメリット

  • サイズが大きく場所をとる
  • 洗浄力はタテ型より劣る

 

タテ型のメリット

  • 洗浄力が高い
  • ドラム式に比べサイズが小さく場所にこまらない

 

タテ型のデメリット

  • ドラム式より水を使う
  • 乾燥機能はドラム式より劣る

 

 

上記のことを考えて比較検討する場合、

場所をとってもいい、乾燥機能が優れている洗濯機が良い場合はドラム式!

洗浄機能が優れていて、コンパクトな洗濯機が良い場合はタテ型!

というように選ぶ事ができます。

 

我々が最終的に選んだ洗濯機は

日立ビートウォッシュ タテ型洗濯乾燥機

です。

理由は

  • スリム
  • made in japan
  • デザイン性が高い
  • 洗剤の種類を見極める
  • 脱水のときほぐして取れやすくしてくれる

上記の理由から日立ビートウォッシュ タテ型洗濯乾燥機にしました。

 

ドラム式ではなくタテ型に変更した理由は

  • 乾燥機をほとんど使用しない
  • 汚れを落としたかった
  • ドラム式は大きすぎ場所をとってしまう

上記の理由により、ドラム式からタテ型に変更しました。


洗濯機が安く買える時期

洗濯機を買い替えるにあたりわかった点があります!

それは、洗濯機を安く買える時期があるということ!

洗濯機が安く買える時期とは、いつなのか?

それは、

5月下旬ごろ

です。

家電量販店の店員さんに聞いたところ6月ぐらいになると新しいモデルが発売されるようです。

その為、5月下旬ごろから前のモデルの価格が下がるという事です。

最新モデルではなく、前のモデルでいいので安く買いたいということなら、5月下旬が買い替えるにはおすすめの時期です。

洗濯機が安く買うには?

洗濯機が展示品のみの場合は、家電量販店の店員さんと交渉することで価格を下げてくれる可能性があります。

実際に、洗濯機を選んでいると展示品在庫のみという洗濯機を店員さんが大幅な値下げをして金額を提示していただきました。

展示品に抵抗がない場合は、おすすめです。

 

どこで購入するか?

洗濯機をどこで購入するのがいいのかについては、下記の中でどれに重点をおくかで決まります。

全てパーフェクトなところが、一番ですね。

 

店舗の場合

  • 価格
  • 接客の質
  • 補償内容

 

ネット通販の場合

  • 価格
  • アフターサービス
  • 補償内容

 

購入時の注意点

洗濯機を購入するにあたり、注意した点が、配送料が家電量販店によって様々です。

ドラム式やタテ型、配送する場所(2階、3階)など細かい設定がある家電量販店もあります。

 

配送などの値段がわかりやすく長期補償付の家電量販店が安心です。

楽天ポイントも貯まる・大手公式家電量販店(楽天市場店)

楽天市場には楽天ポイントが使え、貯まる大手公式家電量販店がいくつかはいっています。