エンジンをかけると警告音が・・原因と対策方法・HONDA車

エンジンをかけると警告音が・・原因と対策方法・HONDA車

エンジン始動後警告音の原因は?HONDA車スマートキーの電池消耗?

こんにちは、のん気に本気なジョーです。

ある日、車のエンジンをかけると・・・・

ピーピーピーピー

という警告音がなりました。

この警告音にはどういう意味があるのか・・・

このページでは、エンジン(HONDA車)をかけると警告音がなった原因と、その対策についてまとめていきます。

 

ん?

なんだろう?

この音?

なんだろうね。

KEY BATTって文字が出ている。

スマートキーの電池がないのかね。

 

車のエンジンをかけると・・・

「ぴーぴーぴー」

と警告音がなりました。

この音は、なんだろう???

メーターパネルを見てみるとKEY BATTの警告灯が点灯。

どうやら、スマートキーの電池が少ないようです。

エンジンをかけたとき警告音が鳴り、メーターパネルにKEY BATTとある場合はスマートキーの電池が消耗しています。

スマートキーの電池を交換した方がいいかもしれません。


スマートキーの電池交換方法

実際にHONDA車のスマートキーの電池交換をしました。

スマートキーの電池交換の方向をご紹介!

 


赤い矢印方向にレバーを引きながら黒矢印方向にひっぱり内蔵キーを取り出します。

 


カバーを外します。
カバーは下記の画像の位置に内蔵キー(硬貨等)を当て、てこの原理を使い栓抜きを使うようにカバーを外します。

 


中に電池(CR2032)が入っていますので電池を取り除き、新しい電池と交換します。


 


スマートキーを元の状態に組み立てます。

 

スマートキーの電池交換後、車のエンジンをかけると・・・

警告音がならなくなり、メーターパネルを確認するとKEY BATTの文字が消えていました。

*こちらに書かれていることはタイプやオプションなどにより装備が異なります。


NO KEY?って(エンジンのかけ方)

妻からの話です。

HONDAのスマートキーの電池が消耗している状態の時でした・・・

 

妻が息子を車から降ろすと・・・

警告音が・・・

そして、メーターパネルを見てみるとNO KEYの警告灯が点灯。

 

なぜ、このような状態になるのか・・

ドアを開けて息子が外に出た時に、妻がスマートキーを持っているとことを車が判断できなくなったんだと思います。

これは、スマートキーの電池が消耗しているため起きた現象です。

 

スマートキーの電池が消耗しているときに、同乗しているスマートキーを持っていない人が車から降りると、起きる現象です。

 

妻は、NO KEYのまま運転して大丈夫だったようです。

 

もし、スマートキーの電池が消耗してしまった時は、そんな時は、以下の手順をお試しください。

 

ENGINE START STOP(エンジンスイッチ)を押す。

「ピーピーピー」とブザーが鳴り、インジケーター点滅

インジケーターが点滅している間に、HONDAスマートキーのHONDAエンブレムをENGINE START STOP(エンジンスイッチ)に接触

「ピッ」と鳴り、インジケーター点灯


インジケーターが点灯している間に、ブレーキペダル(オートマ)・クラッチペダル(マニュアル)を踏みながらHONDAエンブレムをENGINE START STOP(エンジンスイッチ)を押す

 

HONDAのスマートキーの電池が切れているときは、上記の手順でエンジンが始動します。