カブトムシの飼育方法(飼育ケース・餌)誰でも簡単にできる!

カブトムシの飼育方法(飼育ケース・餌)誰でも簡単にできる!

カブトムシの飼育方法

こんにちは、のんきに本気なジョーです!

このページでは

カブトムシの飼育がはじめての初心者でも簡単にできる

カブトムシの飼育方法(飼育ケース・餌など)

をご紹介!

 

下記画像は2018年に昆虫採集に行ったときの様子

飼育ケース

ここではカブトムシの飼育ケースをご紹介します!!

ただしい飼育ケースを選ぶことができれば、カブトムシの飼育はとても簡単です。

 

飼育ケースはカブトムシを飼育するうえでとても重要です。

それは、なぜか・・・

カブトムシの力はとても強いからです。

 

手ごろで安いという理由だけで作りが弱い飼育ケースを選んでしまうと

カブトムシは

飼育ケースを割ったり

フタを開けて逃げたりします。

 

カブトムシの飼育ケースの選び方

  • 丈夫なものを選ぶ

フタがあきずらく、丈夫な飼育ケースを選ぶことが重要です。

フタがすぐにあいてしまうような飼育ケースの場合は、ふたの上におもりをのせることで防ぐことが出来ますが、弱い飼育ケースの場合はカブトムシの力で割ってしまうことがあります。

 

  • 飼育ケースは背が高く大きい方が良い

飼育ケースは背が高く大きい方がカブトムシがたくさん動くことが出来ていいのですが、場所をとってしまいます。

庭がありカブトムシを育てる場所があった子供の頃は、大きな飼育ケースを手作りしておりました。

現在は、なるべく場所をとらないように飼育ケースを利用しております。

 

カブトムシの飼育をするために広い場所が確保できる場合、大きい飼育ケースを利用したり、手作りのケースを作ってもいいでしょう。

広い場所が確保出来ない場合は、市販の飼育ケースが便利です。

色々な飼育ケースを試しましたが、下記のようなのタイプのケースにしました。

こちらは丈夫でしっかりした作りのケースで、場所もあまりとらず、ふたがガッチリしまります。

今のところカブトムシに割られておらず、逃げられてもいません。

 

 

カブトムシを飼育するための飼育ケースを検索する

楽天市場で検索する
Amazonで検索する
ヤフーショッピングで検索する

くち木

カブトムシがいる場所にはくち木などがころがっています。

カブトムシがとれた場所、自然に近い状態を近づけてあげることが、生き物を飼育するうえで大切です。

 

コンクリートなどでは、仰向けのまま足をバタバタさせているカブトムシをよく見かけます。

そのまま起き上がれず死んでしまうことがあります。

くち木を飼育ケースに入れることで、カブトムシが倒れた時などくち木を利用して起き上がることができます。

 

外でひろってきたくち木を利用する場合は、熱湯などをかけて消毒してから使うようにします。

お店で販売されているくち木はそのまま使うことが出来ます。

カブトムシのの飼育にあると良い!!「木」を検索する

エサが倒れないように、くち木にえさがはまるタイプのものも販売されています。

 

カブトムシのかくれがにもなる下記のような木もあります!

楽天市場で検索する
ヤフーショッピングで検索する
Amazonで検索する

 

えさ


えさは、スイカをあげたり、りんごをあげたり、色々試しましたが、現在は市販の昆虫ゼリーを利用することに落ち着きました。

 

理由は

  • コストが安い
  • 栄養がある
  • カブトムシが昆虫ゼリーを良く食べる
  • 片付けが楽

 

昆虫用のみつもあります。

使い方は、くち木に布などを巻き昆虫用のみつをぬります。

えさを検索する

楽天市場で検索する
Amazonで検索する
ヤフーショッピングで検索する

昆虫マット

カブトムシは腐葉土があり、くち木が落ちていて、くぬぎの木のみつが出る場所などにいます。

カブトムシがとれた場所、自然に近い状態を近づけるという意味で、昆虫マットや腐葉土を飼育ケースにしいてあげます。

昆虫マットとは、くち木のチップなどが入っているものです。

昆虫マットや腐葉土があることで、カブトムシが倒れた時、起き上がることができ、もぐって隠れる場所にもなります。

 

昆虫マットの利用方法

乾燥しないように、霧吹きなどで水分をふくませてあげます。

水の量は、購入した昆虫マットにも書かれていますが昆虫マットを握った時に固まる程度にします。

握ったときに水が落ちてきてしまう場合は水が多すぎます。

 

下記画像は水分を含んでいない状態

 

昆虫マットに水分を含ませた状態

昆虫マットを検索する

楽天市場で検索する
Amazonで検索する
ヤフーショッピングで検索する

カブトムシの寿命

カブトムシの寿命は夏の期間-秋になります。

個体差はありますが、飼っていたカブトムシが冬を越したことはありません。

クワガタのほうがカブトムシよりは寿命は長くなる時が多いです。

コクワは冬を越したこともあります。