子供と一緒に虫とり(昆虫採集)に行こう・服装や必需品は?

子供と一緒に虫とり(昆虫採集)に行こう・服装や必需品は?

虫とり(昆虫採集)に行こう

こんにちは、のんきに本気なジョーです。

このページでは、昆虫採集についてまとめていきます。

山育ちの妻は虫を見つけるのがうまいです。

虫が大好きな息子は、小学校の登下校中にも色々な虫(カブトムシ、バッタ、カマキリ、ダンゴムシ)を捕まえてきます。

妻も息子も擬態している虫を遠くからすぐに見つけてしまいます。

 

私の父は近所では有名な虫とり名人でした。

虫とりに使うものを全て手作りしており、今でも虫とりに関する知識や知恵は父から教わっています。

はじめに(事前準備)

昆虫採集する前に、

「注意点(どのような事に注意するべきか)」

「服装」

「道具」

 

山の危険さ、山にいる危険生物を知る

山には危険がたくさんあります。

スズメバチなどは危険生物として有名ですが、その他にも山には、毒蛇、触ったら皮膚がかぶれてしまう生き物など危険生物が存在します。

 

山が危険であることを理解し、山には危険生物がいることを理解することは山で昆虫採集を安全に楽しむにはとても重要です。

はじめに山の危険、山にいる危険生物などを知っておく必要があります。

それを知っておくことで、どのような服装をしていけば良いのかが見えてきます。

危険生物を調べるためには図鑑を愛用しています。

持っておくと、便利です。

 


楽天で「危険生物の図鑑」を検索する
Amazonで「危険生物の図鑑」を検索する
ヤフーショッピングで「危険生物の図鑑」を検索する

持ち運び用にはポケット図鑑も便利です。

 

服装

長袖長ズボン

山にいる虫にさされないようにする、トゲなどで怪我をしなようにするため、どんなに暑くても虫とりの時は

長袖長ズボンです。

 

また、スズメバチは黒い色に寄って来る習性があるようです。

黒い部分が出ないようにする。

黒い服装をしないようにするほうがいいかもしれません。

スズメバチを撃退する人たちが、白の防護服を着用しているのは、その為なのでしょうか。

虫取りにおすすめの上下セットアップを検索する

楽天市場で検索
Amazonで検索する
ヤフーショッピング


ブーツや長靴が良いです。

マダニなどは靴の中に入ってきてしまうことがあるので、靴の中に入らないような長靴がいいです。

虫取りにおすすめの長靴を検索する

楽天市場で検索する
Amazonで検索する
ヤフーショッピングで検索する


手袋

昆虫採集に行くときは手袋もあると便利です。

丈夫な作りのものがいいですね。

虫取りにおすすめの丈夫な手袋を検索する

楽天市場で検索する
Amazonで検索する
ヤフーショッピングで検索する


帽子

昆虫採集には、帽子は必需品。

スズメバチは黒い色に寄ってくる習性があります。

髪の毛を隠すという意味でも帽子は役に立ちます。

虫取りにおすすめの帽子を検索する

楽天市場で検索する
Amazonで検索する
ヤフーショッピングで検索する


タオル

タオルは、首元に保冷材などを入れることが出来るマフラータオルを首の回りに巻いています。

熱中症対策としても使えます。

虫取りにおすすめのタオルを検索する

楽天市場で検索する
Amazonで検索する
ヤフーショッピングで検索する

虫(カブトムシやクワガタ)をとるには?コツはあるのか?昆虫をかならずとる方法とは?

結論から言うと、虫を捕まえるコツというのはないです。

魚突きと大きく違う所は、魚は人の気配で逃げますが、虫(カブトムシやクワガタ)はほとんど逃げません。
*ミンミンゼミなど、人の気配で逃げる虫もいます。

その為、虫を見つけさわることができれば捕まえられます。

 

「高いところにいる虫を捕まえるためのアミ」

「土の中にいる虫を捕まえるためのスコップ」

「木の中にいる虫を捕まえるための棒」

上記の道具はあると便利ですが、なくてもどうにかなります。

 

昆虫採集は毎年家族で出かけます。

昆虫採集に出かけて、一匹もとれなかった日は今までで一度もありません。

「カブトムシ、クワガタ、コクワ」

必ず、何かはとれます。

 

なぜ、とれるのか?

それは・・・虫がいる場所を知っているからです。

昆虫採集でも魚でもなんでもそうですが、昆虫がいる場所にいけば誰でもとれます。

 

必ずとれる木をいくつか知っていれば、そこに行くと朝、昼、夜、関係なくとれます。

 

昆虫採集で大切なことは

虫がいる場所をたくさん探すことが重要です。

 

虫がいる場所をつきとめたら・・・

そこに行けばいいだけです。

 

山をずっと歩き回って木を見て回ると、かならず虫が集まる木があります。

その場所を覚えておくことです。

 

本日(2018年)は、カブトのペア、ノコギリクワガタのペアが取れました。

 

 



昆虫採集道具(虫取り道具)

セミやクワガタ、カブト虫をとる時は伸び縮み可能な手作りのアミを使用。

手作りのアミは、ピンポイントアミと名付け網の枠は針金で作りアミはたまねぎが入っていた袋を使用しています。

網の幅は小さくしています。

網の幅が小さい理由は幅が大きいと虫をとる時に隙間から虫が逃げてしまうためです。

トンボをとる際は網の幅を大きくしております。

私の昆虫採集の師匠である父いわく、アミには蜘蛛の巣を使うといいようです。

蜘蛛の巣をアミのかわりにすることで、虫がくっついてくれるようです。

なるほど。

今ではピンポイントアミや網の幅が大きいアミ伸び縮みが出来る網など色々な種類のアミが売っています。

材料があれば手作りでもいいと思いますが、出来ているものを買う方が早くて便利です。

虫取りにおすすめのアミを検索する

楽天市場で検索する
Amazonで検索する
ヤフーショッピングで検索する


樹皮の中にいる虫を捕るための棒

木の表面にいる虫のみを採集する場合は必要ございません。

クワガタなどは樹皮の中にいる場合があります。

樹皮の中の方に潜んでいるクワガタを取り出す道具です。

こちらは固めの針金を用意して先端を曲げれば手作りで出来ます。


スコップ


昆虫採集の師匠、父から伝授された情報。「カブト虫などがいたらその下を掘れ」ということ。

実際にカブトムシがいた土を夏が終わった後に掘ったら幼虫がたくさんいました。

虫は土の中にいることがあります。

その為、スコップで虫がいた木のしたを掘るとカブトなどがいる場合がございます。

昆虫採集に行くと、木の下を掘った後をよく見かけます。

こちらも木の表面にいる虫のみ採集する場合は必要ございません。

小さいスコップで十分だと思います。
虫取りにおすすめのスコップを検索する

楽天市場で検索する
ヤフーショッピングで検索する
Amazonで検索する


採った虫をいれるケース

虫取りかごでもいいですし、一つ一つ分けて入れるタイプのケースを使用してもいいです。

虫に傷がつくのが気になるようでしたら一つ一つ入れられるタイプのものを、傷などは特に気にしないということであれば虫取りかごで十分です。

ただ、数十匹とれることが普通にあります。

虫取りかごは、たくさん用意しておくと便利です。

私は虫取りかごにいれています。

一つ一つ分けれるタイプのケースを検索する

楽天市場で検索する
Amazonで検索する
ヤフーショッピングで検索する

虫とりにおすすめの虫かごを検索する

楽天市場で検索する
Amazonで検索する
ヤフーショッピングで検索する


虫よけスプレー・蚊取り線香など

虫よけのために、虫よけスプレーや蚊取り線香があると便利です。

我々は蚊取り線香を腰にぶら下げています。

虫さされ

楽天市場で検索する
Amazonで検索する
ヤフーショッピング


虫よけスプレーを検索する

楽天市場で検索する
Amazonで検索する
ヤフーショッピングで検索する


虫取りに便利腰にかける蚊取り線香を検索する

楽天市場で検索する
Amazonで検索する
ヤフーショッピングで検索する


水筒

熱中症対策に水分をとって、塩分も一緒にとることをおすすめいたします。

肩にかけられると便利!水筒を検索する

楽天市場で検索する
ヤフーショッピングで検索する
Amazonで検索する


サングラス

眼球の日焼け防止するという意味もありますが山の場合は虫などが目に入らないようにする役目もあります。

眼鏡やゴーグルタイプのものでもいいです。

偏光レンズのサングラスを愛用しています。

サングラスを検索する

楽天市場で検索する
Amazonで検索する
ヤフーショッピング<で検索する/a>

実際に昆虫採集へ・昆虫をみつけるには・・・

実際に昆虫採集へ向かいます。

ここでは、昆虫採集をする際に実際に行っていることと、昆虫をみつけるためにしていることをまとめていきます。


あいさつをする

昆虫採集する前には、昆虫採集する場所であいさつをしてから昆虫探しをします。

知っている(行ったことのある)場所では、あいさつする場所は決まっていて森の中で一番大きな木にあいさつをして昆虫探しをはじめます。

場所探し

生き物を探す上で、最も重要なことは

「場所探し」

です!

生き物を探す上で、全般的にいえることですが場所探しさえうまくいけば、どうにかなります。

カブトムシやクワガタなどが集まる木を1本でも見つけられれば昆虫採集成功です!

カブトムシやクワガタを採ることが出来るか出来ないかの99%は場所で決まると言っても過言ではありません。

今では場所探しはインターネットのマップ等で見つけることも可能です。

探す場所を見つけたらどうするか・・・

「とにかく歩く」

歩いて歩いて、カブトムシやクワガタが集まる木を自分で見つけること出来た時・・・

「いたー」

と毎回大興奮!!

毎年、毎回行って自分だけの秘密のポイントで昆虫採集をする。

楽しいです。

ザリガニ釣りは下記へ

カブトムシをみつけるには匂いが関係する?

山育ちの妻の言葉

「カブトムシのいるところは匂いでわかる。」

蜜の匂いなのか・・・何の匂いなのか・・・

わかりませんがカブトムシがいるところはカブトムシの匂いがします。

カブトムシを持ってカブトムシの匂いをかぐと・・・

カブトムシ独特の匂いがします。

その匂いがすればカブトムシが近くにいると思って間違いないです!

匂いをお伝え出来なくて残念です。

初めての場所では木よりも、匂いをかぎながらカブトムシを探します。

仕掛けは不要?

我々は仕掛けは一切しません。

仕掛けをつかえばたくさん採れるんでしょうか・・・

森に返す

とれすぎてしまった昆虫は森に返します。

また来年出会えるように、他にも探しに来る子供たちがたくさんいると思うので、その方たちのためにも森に返すようにしています。

カブトムシの飼育方法

ここでは、カブトムシの飼育がはじめての初心者でも簡単にできる

カブトムシの飼育方法(飼育ケース・餌など)

をご紹介!

 

下記画像は2018年に昆虫採集に行ったときの様子

飼育ケース

ここではカブトムシの飼育ケースをご紹介します!!

ただしい飼育ケースを選ぶことができれば、カブトムシの飼育はとても簡単です。

 

飼育ケースはカブトムシを飼育するうえでとても重要です。

それは、なぜか・・・

カブトムシの力はとても強いからです。

 

手ごろで安いという理由だけで作りが弱い飼育ケースを選んでしまうと

カブトムシは

飼育ケースを割ったり

フタを開けて逃げたりします。

 

カブトムシの飼育ケースの選び方

  • 丈夫なものを選ぶ

フタがあきずらく、丈夫な飼育ケースを選ぶことが重要です。

フタがすぐにあいてしまうような飼育ケースの場合は、ふたの上におもりをのせることで防ぐことが出来ますが、弱い飼育ケースの場合はカブトムシの力で割ってしまうことがあります。

 

  • 飼育ケースは背が高く大きい方が良い

飼育ケースは背が高く大きい方がカブトムシがたくさん動くことが出来ていいのですが、場所をとってしまいます。

庭がありカブトムシを育てる場所があった子供の頃は、大きな飼育ケースを手作りしておりました。

現在は、なるべく場所をとらないように飼育ケースを利用しております。

 

カブトムシの飼育をするために広い場所が確保できる場合、大きい飼育ケースを利用したり、手作りのケースを作ってもいいでしょう。

広い場所が確保出来ない場合は、市販の飼育ケースが便利です。

色々な飼育ケースを試しましたが、下記のようなのタイプのケースにしました。

こちらは丈夫でしっかりした作りのケースで、場所もあまりとらず、ふたがガッチリしまります。

今のところカブトムシに割られておらず、逃げられてもいません。

 

 

カブトムシを飼育するための飼育ケースを検索する

楽天市場で検索する
Amazonで検索する
ヤフーショッピングで検索する

くち木

カブトムシがいる場所にはくち木などがころがっています。

カブトムシがとれた場所、自然に近い状態を近づけてあげることが、生き物を飼育するうえで大切です。

 

コンクリートなどでは、仰向けのまま足をバタバタさせているカブトムシをよく見かけます。

そのまま起き上がれず死んでしまうことがあります。

くち木を飼育ケースに入れることで、カブトムシが倒れた時などくち木を利用して起き上がることができます。

 

外でひろってきたくち木を利用する場合は、熱湯などをかけて消毒してから使うようにします。

お店で販売されているくち木はそのまま使うことが出来ます。

カブトムシのの飼育にあると良い!!「木」を検索する

エサが倒れないように、くち木にえさがはまるタイプのものも販売されています。

 

カブトムシのかくれがにもなる下記のような木もあります!

楽天市場で検索する
ヤフーショッピングで検索する
Amazonで検索する

 

えさ


えさは、スイカをあげたり、りんごをあげたり、色々試しましたが、現在は市販の昆虫ゼリーを利用することに落ち着きました。

 

理由は

  • コストが安い
  • 栄養がある
  • カブトムシが昆虫ゼリーを良く食べる
  • 片付けが楽

 

昆虫用のみつもあります。

使い方は、くち木に布などを巻き昆虫用のみつをぬります。

えさを検索する

楽天市場で検索する
Amazonで検索する
ヤフーショッピングで検索する

昆虫マット

カブトムシは腐葉土があり、くち木が落ちていて、くぬぎの木のみつが出る場所などにいます。

カブトムシがとれた場所、自然に近い状態を近づけるという意味で、昆虫マットや腐葉土を飼育ケースにしいてあげます。

昆虫マットとは、くち木のチップなどが入っているものです。

昆虫マットや腐葉土があることで、カブトムシが倒れた時、起き上がることができ、もぐって隠れる場所にもなります。

 

昆虫マットの利用方法

乾燥しないように、霧吹きなどで水分をふくませてあげます。

水の量は、購入した昆虫マットにも書かれていますが昆虫マットを握った時に固まる程度にします。

握ったときに水が落ちてきてしまう場合は水が多すぎます。

 

下記画像は水分を含んでいない状態

 

昆虫マットに水分を含ませた状態

昆虫マットを検索する

楽天市場で検索する
Amazonで検索する
ヤフーショッピングで検索する

カブトムシの寿命

カブトムシの寿命は夏の期間-秋になります。

個体差はありますが、飼っていたカブトムシが冬を越したことはありません。

クワガタのほうがカブトムシよりは寿命は長くなる時が多いです。

コクワは冬を越したこともあります。

2019年夏昆虫採集へ

今年の夏も家族3人(妻と息子)でお決まりの場所へ昆虫採集にでかけました。

おっ!!

いたいた!!!

いつもの場所に行くと、カブトムシのオスとメスを捕まえました。

 

じゃあ、もう一か所行こうか!!

 

息子

行こう!

行ってみようか!

いつも、たくさんとれる場所に行ってみると・・・・

今日はいません・・・

すると・・・

あっ

いたよ!!

 

息子

ぼくも大きいカブトのオス見つけたよ!

本日は、いつもカブトムシがたくさんいる樹液の所ではなく、木の下の方に集中していました。

クワガタもいましたが、息子はカブトムシをつかまえたかったようなのでカブトムシのみつかまえました。

 

妻が息子の足を見て・・・

ズボンに何かくっついてるよ!!!

なぜか・・・・

息子のズボンにくっついていたメスのカブトムシ

 

本日は

カブトムシオス×4匹

カブトムシメス×3匹

合計7匹のカブトムシを捕まえました。

2019年秋カブトムシから生まれてきた卵→幼虫を森へかえす

2019年の夏にとったカブトムシを今年もペアで飼っていました!

 

すると・・・・

 

息子

パパ!!

卵があるよ!!

 

ジョー

どこどこ?

ほんとだね!!

卵産まれたんだね!

 

息子

この卵全部一つのカブトムシのペアから生まれたんだよ!!

 

ジョー

一つのカブトムシのペア?

そりゃすごいね!!

卵なんだけど・・・

今年は幼虫になったら森にかえそうか?

 

息子

森にかえす?

一匹も飼わないの?

 

ジョー

飼いたい?

どうしようか?

去年も一昨年もほとんどが成虫になれず、成虫になったカブトムシは大きく育たなかったよね・・・

自然にいるカブトムシとか幼虫ってものすごく大きかったよね

自然にかえすのがいいのかなって思ったんだ・・・

どう思う?

 

 

息子

んー・・・・

そうだね!

今年は森にかえそう!!

 

 

うん!

そうだね!

そうしようか!

 

ジョー

じゃあ、幼虫まで育ったらカブトムシをとった森にかえしにいこうか!!

また夏になって大きくなったカブトムシをとりにいけばいいよね!!

 

 

時がたち・・・・・・

 

息子

パパ!!!

幼虫になっているよ!!

全部で7匹!!!

ジョー

おー!!!

元気だね!!

元気に幼虫まで育ったね!!

じゃあ、森にかえしにいこうか!!

 

息子

うん!!

かえしにいきたい!!

 

ジョー

晴れた日に、カブトムシがとれた木の下にかえしにいこう!

 

カブトムシがとれた森にカブトムシの幼虫をかえしにきました!!

 

すると・・・

 

 

 

 

 

 

 

息子

もう、土の中にもぐっていったよ!!

 

はやいね!!

どんどんもぐっていく!!

かえしに来て良かったね!!

 

 

ジョー

よかったー!!

すっごい元気だ!!

 

 

今年は、カブトムシから生まれた卵→幼虫をカブトムシがとれた森にかえしにいきました。

来年また、昆虫採集に出かけ元気に育ったカブトムシをとりにいきたいと思います!!