子供と一緒に虫とり(昆虫採集)に行こう カブトムシ、クワガタの潜む場所 服装準備

子供と一緒に虫とり(昆虫採集)に行こう カブトムシ、クワガタの潜む場所 服装準備

猛暑が続いていますね。虫取りに行ってきました。
虫取りは毎年家族で出かけます。本日はカブトのペア、ノコギリクワガタのペアが取れました。
我々家族の個人的な経験上の虫取りのコツと持ち物をお伝えさせていただきます。
お役に立てれば幸いです。
海編

事前準備

山が危険であることと、山にいる危険生物を知る

海と同様山にも危険があります。山が危険であること危険生物がいることを理解することは山を安全に楽しむことには重要であると考えます。

服装

上下長袖長ズボン

どんなに暑くても虫取りの時だけは家族みんな長袖長ズボンです。
理由は、山にいる虫にさされないようにすることや、トゲなどで怪我をしなようにするためです。
スズメバチは黒い色に寄って来る習性があるようです。なるべく黒い部分が出ないように、黒い服装ではないほうがいいかもしれません。
余談ですが、スズメバチを撃退する人たちって白の防護服着てますね。
虫取りにおすすめの上下セットアップを検索する
楽天市場
ヤフーショッピング

ブーツ、出来れば長靴が良いです。マダニなどは靴の中に入ってきてしまうことがあるので、靴の中に入らないよう工夫したり締められるタイプの長靴などがいいですね。
虫取りにおすすめの長靴を検索する
楽天市場
ヤフーショッピング

手袋

海の時と同様、手袋も必需品。
丈夫な作りのものがいいですね。
虫取りにおすすめの丈夫な手袋を検索する
楽天市場
ヤフーショッピング

帽子

こちらも海の時と同様、必需品。
スズメバチは黒い色に寄ってくる習性があるようなので、髪の毛を隠すという意味もあります。
黒色の帽子ではないほうがいいかもしれません。
虫取りにおすすめの帽子を検索する
楽天市場
ヤフーショッピング

タオル(首元を冷やす)

私は首の回りに巻いています。
首元に保冷材などを入れることが出来るタオルもございます。私はマフラータオルを愛用しております。
虫取りにおすすめのタオルを検索する
楽天市場
ヤフーショッピング

昆虫採集道具(虫取り道具)

セミやクワガタ、カブト虫を捕る時は伸び縮み可能な手作りのアミを使っています。
我々はピンポイントアミと名付けております。網の枠は針金で作りアミはたまねぎが入っていた袋を使用。
網の幅は小さくしています。
網の幅が小さい理由は幅が大きいと採る時に隙間から虫が逃げてしまうためです。
逆にトンボを採る際は網の幅を大きくしております。
私の昆虫採集の師匠である父いわく、アミに蜘蛛の巣を使うといいようです。なるほど。
今ではピンポイントアミや網の幅が大きいアミ伸び縮みが出来る網など色々な種類のアミが売っています。
材料があれば手作りでもいいと思いますが、出来ているものを買う方が早くて便利ですね。
虫取りにおすすめのアミを検索する
楽天市場
ヤフーショッピング

樹皮の中にいる虫を捕るための棒

木の表面にいる虫のみを採集する場合は必要ございません。クワガタなどは樹皮の中にいる場合がございます。
樹皮の中の方に潜んでいるクワガタを取り出す道具です。こちらは固めの針金を用意して先端を曲げれば手作りで出来ます。

スコップ


昆虫採集の師匠、父から伝授された情報。「カブト虫などがいたらその下を掘れ」ということ。
虫は土の中にいることがあります。
その為、スコップで虫がいた木のしたを掘るとカブトなどがいる場合がございます。
昆虫採集に行くと、木の下を掘った後をよく見かけます。こちらも木の表面にいる虫のみ採集する場合は必要ございません。
小さいスコップで十分だと思います。
虫取りにおすすめのスコップを検索する
楽天市場
ヤフーショッピング

採った虫をいれるケース

虫取りかごでもいいですし、一つ一つ分けて入れるタイプのケースを使用してもいいです。
虫に傷がつくのが気になるようでしたら一つ一つ入れられるタイプのものを、傷などは特に気にしないということであれば虫取りかごでいいですね。私は虫取りかごにいれています。
虫に傷がつくのは勘弁、一つ一つ分けれるタイプのケースを検索する
楽天市場
ヤフーショッピング

虫とりにおすすめの虫かごを検索する
楽天市場
ヤフーショッピング

虫に刺された時の薬や虫よけを用意。私は蚊取り線香を腰にぶら下げています。
虫刺され薬を検索する
楽天市場
ヤフーショッピング
虫よけスプレーを検索する
楽天市場
ヤフーショッピング
虫取りに便利腰にかける蚊取り線香を検索する
楽天市場
ヤフーショッピング

水筒

熱中症対策に水分をとって、塩分も一緒にとることをおすすめいたします。
肩にかけられると便利!水筒を検索する
楽天市場
ヤフーショッピング

サングラス

海の時と同様、眼球の日焼け防止するという意味もありますが山の場合は虫などが目に入らないようにする役目もあります。
眼鏡やゴーグルタイプのものでもいいですね。私は偏光レンズのサングラスを使用しております。
サングラスを検索する
楽天市場
ヤフーショッピング

虫取りに行く(昆虫採集)

あいさつ

我々は森(森の主)にあいさつをしてから昆虫探しをします。

場所探し


ザリガニ釣り同様場所探しが最も重要と考えております。
カブトムシやクワガタなどは集まる木を1本見つければ毎回そこで必ず採れたりします。
ザリガニ同様、カブトムシやクワガタを採ることが出来るか出来ないかの99%は場所で決まると言っても過言ではありません。
今では場所探しはインターネットのマップ等で見つけることも可能です。
歩いて場所を探し、カブトムシやクワガタが集まる木を自分で見つけることはとても楽しいですね。
毎年、毎回行って自分だけの秘密のポイントで昆虫採集をする。楽しいですね。

カブトムシは良い匂いがする

山育ちの箱入り母ちゃんの言葉「カブトムシのいるところは匂いでわかる。」
蜜の匂いなのか何の匂いかわかりませんがカブトムシがいるところはカブトムシの匂いがします。
その匂いがすれば近くにいると思って間違いないです。
匂いをお伝え出来なくて残念です。我々は初めての場所では木より、匂いをかぎながらカブトムシを探します。

仕掛け

我々は仕掛けはしません。仕掛けをつかえばたくさん採れるんでしょうか。。。

森に返す

最後に採れすぎた昆虫は森に返します。また来年出会えるように、探しに来るみなさんのためにも。