[絵本 どんなかんじかなあ]を読んで、想像することの大切さとは?

[絵本 どんなかんじかなあ]を読んで、想像することの大切さとは?

どんなかんじかなあ(絵本)

どうも!絵本大好き!のんきに本気なジョーです。

絵本「どんなかんじかなあ」を読みました。

相手の立場になって想像することがいかに大切かということに改めて気付かされました。

 




恵まれている人ってどんな人

 

いいなーって思う人ってどんな人

 

人への伝え方・・・

 

お腹がいたくなるから

 

牛乳を飲めない人がいる

 

そんな時・・・

 

「牛乳飲めないなんてかわいそう。牛乳には栄養がたくさんあるんだよ。」と言うのか・・・

 

「牛乳飲めないなんていいね。牛乳が合わない給食のときあるもんね。」と言うのか・・・

 

人に対する思いやりの言葉

 

言葉を発することで

 

人がどう感じるか

 

それを、想像すること

 

言い方

 

人への伝え方

 

人に対する考え方

 

相手の立場になって想像すること

 

この絵本を読んであらためて気づかされました

 

絵本っていいですね

 


Amazonで「どんなかんじかなあ」を検索する

楽天市場で「どんなかんじかなあ」を検索する
ヤフーショッピングで「どんなかんじかなあ」を検索する
7netで「どんなかんじかなあ」を検索する