「ぼくがラーメンたべてるとき」を読んで、ありがたさについて考える

「ぼくがラーメンたべてるとき」を読んで、ありがたさについて考える

ぼくがラーメンたべてるとき

 

こんにちは、のんきに本気なジョーです。

このページでは、

「ぼくがラーメンたべてるとき」

について

どんな本なのか、どんな内容なのかについて、まとめていきます。

 

 


 

今、普通に過ごしている日々

 

その普通の日々は楽しいかな

 

その普通の日々は面白いかな

 

その普通の日々は幸せかな

 

今普通に過ごしている時

 

世界の人々は普通に過ごせているのかな

 

世界の人々は楽しく過ごせているのかな

 

世界の人々は幸せに過ごせているのかな

 

普通の日々、当たり前の日々に目を向けてみること

 

普通の日々、当たり前の日々は世界から見るとどうだろう

 

世界の人々の立場から自分を見てみる

 

相手の立場から自分を見てみる

 

相手の立場から自分を見つめることの重要性

 

絵本っていいですね。

「ぼくがラーメンたべてるとき」を検索する


Amazonで検索する

楽天市場で検索する
ヤフーショッピングで検索する
7netで検索する