「ひみつのきもちぎんこう」の続編「ひみつのきもちぎんこう かぞくつうちょうできました」を読んで・・気持ちとは?

「ひみつのきもちぎんこう」の続編「ひみつのきもちぎんこう かぞくつうちょうできました」を読んで・・気持ちとは?

息子が読書を好きになるきっかけとなった本?の続編

息子が本格的に読書が好きで趣味になっていったのは、おそらくこちらの「ひみつのきもちぎんこう」という本を読んでからと記憶しております。
今回は「ひみつのきもちぎんこう」の続編を息子と一緒に読みました。

ひみつのきもちぎんこう かぞくつうちょうできました

作者と絵

ふじもとみさと●作
田中六大●絵

初版発行

2017年11月

出版社

金の星社

本のサイズ

21.7cm×15.8㎝

表紙 カバー

ハードカバー

ふりがなの有無

すべての漢字にふりがなあり

文字の大きさ

約6mm

ページ数

96ページ

対象年齢

小学校低学年

どんな内容の本?あらすじ、レビュー、感想など

前回の「ひみつのきもちぎんこう」と同様に今回も気持ちを題材。

息子がこの本を読んで「かぞくにやさしくしようと思いました。」ということです。


本人も気づかない何気ない一言や行動
本人に悪気がない一言や行動

その一言や行動で人を傷つけてしまう

相手にも傷がつき
自分にも傷がついてしまう

言葉を発するとき
行動をするとき

どのように考えるべきか

人それぞれの立場になり
どのような言葉をもらえると嬉しいか
どのような行動をしてもらえると嬉しいか

自分も相手も気持ちよくなれる一言や行動とは
どういうことなのか

気持ちについて考えること

児童書っていいですね。

「ひみつのきもちぎんこう」を検索する


Amazonで検索する

楽天市場で検索する
ヤフーショッピングで検索する
7netで検索する

「ひみつのきもちぎんこう かぞくつうちょうできました」を検索する


Amazonで検索する

楽天市場で検索する
ヤフーショッピングで検索する
7netで検索する