図書室おすすめ「ゆうれい回転ずし にぎりずし一本勝負!」を読んで誠意をもって正直に生きるということについて考える

図書室おすすめ「ゆうれい回転ずし にぎりずし一本勝負!」を読んで誠意をもって正直に生きるということについて考える

息子が学校の図書室の方におすすめの本を聞いて読んでみた本

息子が図書室の方におすすめを聞いたようです。
図書室の方のおすすめの本がこちら。
実際、息子と読んでみました。

ゆうれい回転ずし にぎりずし一本勝負!

作者と絵

佐川芳江●作
やぎたみこ●絵

初版発行

2015年12月10日

出版社

講談社

本のサイズ

21.7cm×15.4㎝

本の厚さ

13mm

表紙 カバー

ハードカバー

ふりがなの有無

本書で一度出てきた漢字にはふりがな無し
小学校1,2年生ぐらいで習う漢字にはふりがな無し

文字の大きさ

約3mm

ページ数

112ページ

対象年齢

小学校中学年以上

どんな内容の本?レビュー、感想など

息子「もしも、本当にゆうれいがすし屋をやっていたら、どうなるだろう。」という感想。

お寿司屋さんの仕込みについて細かく描かれている本書。

人をだますということ
ずるいことをするということ

人をだましたりずるしたりする
そのようなことでお金を稼ぐことは容易

しかし、そういうことでお金を稼いだとしても
いつかみんなにわかってしまう日がくる

もし、そういう日が来た場合、すべてが台無しになる

これが正義であるということを自分で貫く
それは、長い目でみれば、いつか報われる日が来る

人は付き合う人で悪くもなれるし良くもなる

とても考えさせられる本でした。
児童書っていいですね。

図書室の方おすすめ「ゆうれい回転ずし にぎりずし一本勝負!」を検索する


Amazonで検索する

楽天市場で検索する
ヤフーショッピングで検索する
7netで検索する