「森のおくから むかしカナダであったほんとうのはなし」を子供と一緒に読んで自然の動物と人間の関係、生きるとは?

「森のおくから むかしカナダであったほんとうのはなし」を子供と一緒に読んで自然の動物と人間の関係、生きるとは?

森のおくから むかし、カナダであった ほんとうのはなし

息子

森のおくから むかし、カナダであったほんとうのはなし?
ほんとうのはなしが書いてあるのかな。
森、好きだから、読んでみたいな。

ほんとうにあった話が書いてあるのかもね。
面白そうだね。一緒に読んでみよう。

森が大好きな息子が選んだ本。
「森のおくから むかし、カナダであった ほんとうのはなし」
いったい、どのような本なのでしょうか。

作者と絵

レベッカ ボンド/作
もりうち すみこ/訳

初版発行

2017年9月

出版社

ゴブリン書房

本のサイズ

27.3cm×22.3㎝

本の厚さ

8mm

本の重さ

457g

表紙 カバー

ハードカバー

ふりがなの有無

すべての漢字にふりがなあり

文字の大きさ

約3mm

ページ数

35ページ

対象年齢

小学校低学年~

どんな内容の本(あらすじ)?レビュー、感想など

息子
昔の人の知恵はすごいと思いました。

動物には天敵がいる
普段は天敵から襲われないように身を隠し
食べられないようにしている

そんな動物たち
災害で死にそうな状況に
みんなが同じ場所に非難しなくてはいけない状況

ある動物にとっては周りには天敵がいる
またある動物にとっては近くに食べることが出来る獲物がいる

周りの動物みんなが危機的状況
周りの動物みんなが死んでしまうかもしれないという状況

森の動物にとっての天敵、人間
普段は人間から身を隠す動物
そんな動物と人間がおなじ場所にいる

みんなが死にそうな危機的状況
そんなときに優先することは何なのか

生きていることの大切さ

児童書っていいですね

この本はこんな人にすすめたい?

人生で優先にするべきことが、この本でわかるかも?
そして、そのありがたみがわかるかも?

「森のおくから むかしカナダであったほんとうのはなし」を検索する

「森のおくから むかしカナダであったほんとうのはなし」の詳細はこちらへ

Amazonで「森のおくから むかしカナダであったほんとうのはなし」を検索する

楽天市場で「森のおくから むかしカナダであったほんとうのはなし」を検索する
ヤフーショッピングで「森のおくから むかしカナダであったほんとうのはなし」を検索する
7netで「森のおくから むかしカナダであったほんとうのはなし」を検索する