「サーカスのライオン」を読んで、幸せとは何かを考えた・・・

「サーカスのライオン」を読んで、幸せとは何かを考えた・・・
息子

可愛い!
ライオンの絵本だ!
この本読みたい!

ということで、息子が手に取り息子と一緒に読んでみました。

サーカスのライオン

作者と絵

川村 たかし(かわむら たかし)●ぶん
斎藤 博之(さいとう ひろゆき)●え

初版発行

昭和47年11月25日

出版社

ポプラ社

本のサイズ

24.4cm×21.3㎝

本の厚さ

12mm

表紙 カバー

ハードカバー

ふりがなの有無

ふりがな有(あとがきでは、低学年で習う漢字にはふりがな無、低学年以上の漢字にふりがな有)

文字の大きさ

約4mm

ページ数

36ページ

対象年齢

5才-8才向

どんな内容の本?あらすじ、レビュー、感想など

むすこの感想「サーカスのライオンはやさしい。。


やさしさというのは、どのようにすれば身につくのか。
つらいことを経験すると人の痛みがわかる。
うれしいことを経験すると、どういうことがうれしいかがわかる。

元気がでるのはどんな時か。
自分を必要としてくれる誰かがいる。
守りたい誰かがいる。

みんなを幸せにしていたライオン。

最後の結末。
無償の愛。
なにかをしてあげたい、助けてあげたいと思える人がいる。
それは、とてもしあわせなこと。

えほんっていいですね。

「サーカスのライオン」を検索する


Amazonで検索する

楽天市場で検索する
ヤフーショッピングで検索する
7netで検索する