「じっぽ まいごのかっぱはくいしんぼう」を子供と一緒に読んで、いつもそばにいる人に感謝し大切にするということを考えた

「じっぽ まいごのかっぱはくいしんぼう」を子供と一緒に読んで、いつもそばにいる人に感謝し大切にするということを考えた

じっぽ まいごのかっぱはくいしんぼう

 

じっぽ?

かっぱのお話かな?ちょっと中を覗いてみよう。
主人公の成長。良い話だなー。
息子が読むかわからないけれど、家に置いといてみよう。

「じっぽ」読んで泣いちゃった・・

息子

父!
じっぽ読んだ?

まだ、全部は読んでいないんだ。
みんな、いつの間に読んでいたんだね!

息子

良い本だから読んでみて!

わかった!
読んでみるね!

妻も息子も絶賛の「じっぽ まいごのかっぱはくいしんぼう」
いったいどんな本なのでしょうか。

作/画

たつみや章(たつみや しょう)/作
広瀬 弦(ひろせ げん)/画

初版発行

1994年7月

出版社

あかね書房

本のサイズ

21.5cm×15.2㎝

本の厚さ

17mm

本の重さ

440g

表紙 カバー

ハードカバー

ふりがなの有無

小学校中学年以上の漢字にはふりがな有

文字の大きさ

約4mm

ページ数

141ページ

対象年齢

小学校中学年~

どんな内容の本(あらすじ)?レビュー、感想など

主人公がはじめて出会う生物 その生物の正体は・・・?
かっぱ?

かっぱはどんなものが好きなんだろう?何を食べるんだろう?
どこが好きなんだろう?話せるの?

かっぱと楽しく過ごしていた日々・・・
そして、ある日事件が起きる・・・
その時、主人公がとった行動とは?

いた時には気づかない
いなくなって、はじめて気がつく
何があっても言ってはいけないこと
もし、それを言ってしまったら・・どうなるのか?

大切な人、愛する人のためにする行動
どこからこんな力が出てくるのか

恐怖を乗り越えた時の成長
あきらめないことの大切さ
相手を思いやる強さ

本当に好きだから、自分の幸せより相手の幸せを祈る
いなくなって、はじめて気がつく
その人がどんなに大切だったのか・・・

もう、同じあやまちはしないように
今近くにいる人を大切に・・・・・

児童書っていいですね。

この本はこんな人にすすめたい?

大切な人はいますか?この本にはあなたの大切な人のヒントが隠されている?

「じっぽ まいごのかっぱはくいしんぼう」を検索する

「じっぽ まいごのかっぱはくいしんぼう」の詳細はこちらへ

Amazonで検索する

楽天市場で検索する
ヤフーショッピングで検索する
7netで検索する