「おれ、よびだしになる」絵本を読んで<課題図書2020>

「おれ、よびだしになる」絵本を読んで<課題図書2020>

おれ、よびだしになる

こんにちは!

のんきに本気なジョーです!

相撲の「よびだし」について描かれた絵本

「おれ、よびだしになる」

を読みました。

このページでは、以下についてまとめていきます。

  • どんな内容?(あらすじ、レビュー、感想など)
  • どんな人におすすめ?
  • 作者・出版社など詳細は?
  • 本のサイズや本の厚さなど本の詳細は?
  • 漢字は?ふりがなはある?
  • 対象年齢はどのくらいから?




どんな内容の本?(あらすじ、レビュー、感想など)

小さい時から、テレビで相撲を見ていた相撲が大好きな少年。
その少年が好きなのは、相撲の中でも「よびだしさん」
少年は、いつも「よびだしさん」のまねをしていました。

ある日、テレビではなく本物の相撲を生で見れる時がやってきた少年。
そこで、少年は本物の「よびだしさん」にも会うことができました。
実際に生で相撲を見て、本物の「よびだしさん」に出会えた少年。
少年は、その時、どのように感じたのか。
生で見た相撲は少年にとってどのようなものになっていったのか。
そして、少年はどのような行動をとっていくのか。

少年が小さい時から憧れていた「よびだしさん」
「よびだしさん」とは、どのようなものだったのか。
どのようなことをするのか。

一流の「よびだしさん」とはどういう人なのか?

 

子供が本物を見る大切さ。

親が子供に与えることができる大切なこと。

大人が子供に与えることができる大切なこと。

周りの人が子供に与えることができる大切なこと。

 

親の愛情、お相撲さんの愛情、よびだしさんの愛情、色々な人の愛情と少年の「よびだしになる」という強い気持ちとともに、少年が小さい時から大好きで憧れていた「よびだしさん」になっていく物語。

一生懸命やっていくことで、いろいろな出会いがあり、道が開けていく少年。

絵本っていいですね。

こんな人におすすめ?

  • 相撲のよびだしさんって何?
  • よびだしさんってどういうことをするの?
  • 小さい時の夢ってかなうの?

この絵本でわかるかも?しれません。

作者・出版社など詳細

題名 おれ、よびだしになる
中川ひろたか(なかがわひろたか)
石川えりこ(いしかわえりこ)
初版発行 2019年12月10日
出版社 アリス館
本のサイズ 28cm×22㎝
本の厚さ 10mm
本の重さ 412g
表紙 カバー ハードカバー
ふりがな ひらがなとカタカナのみ
文字の大きさ 約4mm
ページ数 32ページ
対象年齢 小学校低学年から



「おれ、よびだしになる」を検索する

「おれ、よびだしになる」の詳細はこちらへ

「おれ、よびだしになる」を楽天で検索
「おれ、よびだしになる」をAmazonで検索
「おれ、よびだしになる」を7net検索
「おれ、よびだしになる」をヤフーショッピングで検索

読書感想文のかきかたにはコツがある?

読書感想文の書き方にはコツがある?

本の読み方や読書感想文書き方のコツをわかりやすくまとめられている本が発売されています。


楽天で検索
Amazonで検索
ヤフーショッピングで検索
7netで検索

絵本を収納する便利な本棚とは?

子供がいつでも絵本を出せる便利な絵本の棚。

組み立ていらずのものもあったり、表紙が見えるものもあります。


完成品の本棚を楽天で確認する

楽天で「絵本棚」のランキングを確認する

アマゾンで「絵本棚」のランキングを確認する

ヤフーショッピングで「絵本の本棚」のランキングを確認する