「おおきな木」を子供と一緒に読んでた。愛する人への愛情、子供に対する愛情、無償の愛とはどういうことかを学べる?

「おおきな木」を子供と一緒に読んでた。愛する人への愛情、子供に対する愛情、無償の愛とはどういうことかを学べる?

おおきな木

息子が低学年の時に出会った本、「おおきな木」
学校の図書室で本を借りる授業。

 

息子
きれいな色の本だ!
おおきな木、これを借りて読んでみよう
先生

その本は高学年以上の本だよー

という会話を息子は先生としたようです。

高学年以上の本なんだね!すごい!借りてきたんだね。
自分が読みたい本を読んでみれば良いと思うよ。

息子と一緒に読みました。

借りてきてくれて、ありがとう!この本、素晴らしいね!

息子

良い本だったね。

とても有名な本のようですが、私は息子が借りてくるまでこの本の存在を知りませんでした。
今回は息子が小学校低学年の時からずっと好きな本「おおきな木」。
この本の訳をした方が異なる本を見つけました。
その為、再びこの本を読んでいます。

訳が異なるため、くらべて楽しんでみてもいいかもしれませんね。
息子も、訳の異なる本をくらべて楽しんでいました。

作/絵/訳

シェル・シルヴァスタイン/作・絵
ほんだ きんいちろう/やく
村上 春樹(むらかみ はるき)/訳

初版発行

1976年11月20日:ほんだ きんいちろう/やく
2010年9月10日:村上春樹/訳

出版社

篠崎書林:ほんだ きんいちろう/やく
あすなろ書房:村上春樹/訳

本のサイズ

22.8cm×18.2㎝

本の厚さ

13mm

本の重さ

387g:ほんだ きんいちろう/やく
366g:村上 春樹 むらかみ はるき/訳

表紙 カバー

ハードカバー

ふりがなの有無

すべて、ひらがな:ほんだ きんいちろう/やく
漢字にはふりがな有:村上 春樹 むらかみ はるき/訳

文字の大きさ

約4mm

ページ数

58ページ

対象年齢

小学校低学年~

どんな内容の本?あらすじ、レビュー、感想など


親が子供に対してもつ愛情
子供には幸せになってほしい
いつまでも子供と一緒にいたい
好きなことをして楽しんでほしい

たくさんの愛情をくれる子供
たくさんの楽しさをくれる子供
たくさんの笑顔をくれる子供

子供にたいして、たくさんの愛情をあたえる
子どもから見返りを求めることなく
子供にあたえることが親のよろこびであり幸せ

子供が喜んでいるすがたをみたい
子供が楽しんでいるすがたをみたい

無償の愛とは

大切な人はだれですか

絵本っていいですね

この本はこんな人にすすめたい?

無償の愛とは?この本にはヒントが隠されているかも?

「おおきな木」村上春樹 訳を検索する

「おおきな木」村上春樹 訳の詳細はこちらへ

Amazonで検索する

楽天市場で検索する
ヤフーショッピングで検索する
7netで検索する

「おおきな木」ほんだ きんいちろう やくを検索する

「おおきな木」ほんだ きんいちろう やくの詳細はこちらへ

Amazonで検索する

楽天市場で検索する
ヤフーショッピングで検索する

「おおきな木」の原作「The Giving Tree (Rise and Shine)」を検索する

翻訳する方が異なると訳も異なっていました。
原作(英語)で読んでみると、また発見があるかもしれません。
英語では「The Giving Tree」です。


Amazonで検索する

楽天市場で検索する
ヤフーショッピングで検索する
7netで検索する