[絵本 きょうだいぎつねのコンとキン] やさしさとしんせつさを学ぶ

[絵本 きょうだいぎつねのコンとキン] やさしさとしんせつさを学ぶ

きょうだいぎつねのコンとキン
どうも!絵本大好き!のんきに本気なジョーです!

やさしさとはなんだろう?しんせつさとはなんだろう?

やさしさ、しんせつさを学べる絵本「きょうだいぎつねのコンとキン」を息子と一緒に読みました。

村山桂子(むらやまけいこ)
岡田千晶(おかだちあき)
初版発行 2018年5月
出版社 フレーベル館
本のサイズ 26.1cm×21.2㎝
本の厚さ 10mm
本の重さ 420g
表紙 カバー ハードカバー
ふりがな ひらがなとカタカナのみ
文字の大きさ 約4mm
ページ数 34ページ
対象年齢 小学校低学年~





やさしい

やさしい

キツネのきょうだい

コンとキン

 

こまっている子がいると助けたくなるコンとキン

とってもしんせつなコンとキン

 

しかし、ははぎつねからは

「にんげんには きをつけるんだよ」

と言われている

 

 

コンとキンがいつものように遊んでいると

人間の女の子がないている声がきこえてくる

このあと、コンとキンはどうするんだろう?

 

 

「にんげんには きをつけるんだよ」と言っていた「ははぎつね」

コンとキンがとった行動に、ははぎつねは、どうする?

コンとキンがとった行動に、人間はなにをするのか?

きょうだいぎつねのコンとキン、ははぎつね、にんげんがとった行動とは?

 

やさしさ、しんせつさを学べる絵本「きょうだいぎつねのコンとキン」

絵本っていいですね


きょうだいぎつねのコンとキン」の詳細はこちらへ

Amazonで検索する

楽天で検索する
ヤフーショッピングで検索する
7netで検索する